自社ビル再生プロジェクトブログ

ビルリノベーションを終えて

皆様、こんにちは。

先般、ようやくビルのリノベーションを終え、ほっとしているところです。

本ビルは、築50年近い建物の改修であるため、
当初より独特の悩み・検討事項がありました。

まず、先般のブログでもお話しましたが、
本建物は、敷地いっぱいに建物が建っており、
建蔽率がオーバーしていたため、面積の調整が必要でした。
一部減築するために解体工事が行われましたが、

敷地に残余が無かったため、
廃材の置場や搬出について施工会社様を悩ませ、
解体工事には予想以上の時間がかかりました。

次に、内装解体後のスケルトンの状態を確認すると、
躯体がまっすぐでないなど、既存図では読み取れない問題が発覚し、
設計や工法について見直しが必要になりました。

最後に、梁せいが大きいなど躯体による制限があり、
天井の計画や設備の配管ルートについては検討を重ねました。

このように本ビルは、建築・構造・設備ともに試行錯誤を重ね、
工事関係者皆様のご協力により完成しました。
また本工事で、特に古い建物の改修において既存建物と向き合うことが重要になると分かりました。

先日の内覧会では、既存建物をご存知だった方もおられ、
「生まれ変わりましたね」というお声を頂きました。
『古い建物に新しい価値をプラスして再生する』ということに、
設計者としてじっくりと向き合う良い機会であったと同時に、
この経験を増加傾向にあるリノベーション事業に今後も繋げていけるように尽力したいと思いました。

ビルのリノベーションについて、ご検討の方がいらっしゃいましたら、
まずはお問い合わせください。

IMG_1578

設計部 中牟田