自社ビル再生プロジェクトブログ

エレベーターの更新

皆様こんにちは。

さて、今日は舞鶴DSビルのエレベーターについてお話しします。

既存建物には、元々6人乗りのエレベーターがありましたが、
事務所としての使用を考えた際に、6人乗りでは小さいのではないかと、
11人乗りのエレベーターに更新することになりました。
下図のように片側だけ壁位置を動かして、昇降路の拡張を行いました。

EV周り図面

EVピット深さの標準寸法は1,250mmですが、
新築当初は異なったようで既存は1,200mmしかありませんでした。
ピット深さを確保する為に、1階床を上げるか、
またはピット底をはつるどうか検討を重ねましたが、
どちらも難しくエレベーター会社様に相談をし、
ピット深さ1200mmの仕様で特注とすることになりました。
また、今回はマシンルームレスのエレベーターに更新した為、
6階搭屋部分にあった機械室は不要となり、書庫として改修しました。

図1
↑改修前
図2

図3
↑既存EVを撤去し、足場が組まれています。
図4
↑EVかご据付
図5
↑改修後

設計1部 中牟田