社員インタビュー

T.N. M.H. M.H. K.K.
T.N.

2016年 / 中途採用

設計部所属
前職 : 土木資材製造メーカー

やる気があれば、社長も考えを聞いてくれます。
周りがフォローしてくれる環境だから、自信を持って仕事に取り組める。

現在の業務内容を教えてください

意匠設計を担当しています。入社して公共建築物の設計に携わりました。工期がない中で、発注者の意向を汲み取り、早く正確な設計ができるかが求められました。知識はほとんどありませんでしたが、取引会社や設備設計、社内の構造設計チームに協力を仰ぎながら、無事完了することができました。発注者からも高評価を頂き、達成感がありました。

入社のきっかけや決め手を教えてください

前職は土木関係でしたが、大学は建築を学んだこともあり、建築の設計に携わりたいと考えていました。他県に住んでいたため、実家に近いところで就職先を探しているときに会社のホームページを見たのが応募のきっかけです。新たな分野で、知識もないまま飛び込むのは不安がありましたが、会社が休みの日にも関わらず面接をしていただき、最終的に社長から「いつから来ますか」と言われ、悩むことはありませんでした。

入社前のイメージとの違い

若手社員も多く、彼らの目標や、建築に対する気持ちの強さに驚き、刺激を受けました。仕事については前職と分野は違い、内容は異なりますが、若手に負けず淡々と自分のできることに全力を尽くすことに心がけています。

やりがいを感じる瞬間

建物一つ作るにも、様々な分野にまたがり、専門分野があります。多くの人が関わっている中でそれぞれ考えも異なります。その中でベストの選択を行い、作り上げていくことにやりがいを感じます。

入社後の印象に残った出来事・エピソードを教えてください

現在は、施工監理の仕事に携わっており、図面で表現されていることが実際に施工されていく過程が目で見える環境にいます。周りも取引会社や、設備監理、土木監理と全員揃っているため経験と知識を得るには十分な環境です。現場に出ると、今まで分からなかった設計の表現が見えてくる、絡まった糸がつながってくる感じがして楽しいです。私の今後の設計に活かせると思います。

就職活動中の方へメッセージ

最後まで諦めずに自分の目標に向かってやり遂げてほしいです。私が出来ていないことですが、まわりの支えてくれる方への感謝の気持ちを忘れないようしてほしいです。

M.H.

2017年 / 新卒採用

構造設計部所属
鹿児島大学工学部建築学科 卒業

非常に風通しが良い会社なので、
他部署でも別け隔てなく、相談に乗ってもらえます。

入社のきっかけや決め手を教えてください

大学3年生時に傳設計のインターンシップに参加した際、この人と働いてみたいと思った先輩社員がいたので傳設計を志望しました。力学全般が苦手でインターンシップでは課題に苦戦していました。そこで先輩社員に質問をしたところ絵を描いて説明をしてくださり、その説明が私にとって分かりやすく、この人と一緒に仕事をして構造設計を学びたいと思ったことを今でも覚えています。

やりがいを感じる瞬間

仕事のやりがいは日々学べることです。昨日まで分からなかったことについて今日理解できると嬉しいですし、今後の考える引き出しが増えるので、新築設計・耐震診断・監理等すべてにおいて自分の経験になることそのものがやりがいと感じています。

入社前のイメージとの違い

入社前とのイメージの違いは、構造設計はデスクワークばかりと思っていましたが耐震診断のための現地調査や打合せ、監理等社外に出ることが多いことです。設計事務所のイメージは室内でパソコンと向き合っているイメージがあるかもしれませんが、意外と外に出てアクティヴに動ける体力が必要です。

入社後の印象に残った出来事・エピソードを教えてください

入社後は先輩社員の顔と名前を覚えるのに時間がかかりますが、当時は月曜・水曜・金曜に社食があったので昼休みに顔をあわせることで意識せずとも先輩社員の皆さんを覚えられたことが印象に残っています。

休日の過ごし方・リフレッシュ方法

休日は、車を運転して日帰りできる範囲ででかけています。自然系だったり、カフェ系だったり、イベント系だったりドライブ先は毎回様々です。予定が無く家にいるときはコーヒー豆を挽いてコーヒーを飲みながら録画しているドラマを観て過ごします。

今後の目標や達成したいこと

今後は、新築設計を主体的に進めることが目標です。現在は先輩方に設計の道筋を作ってもらってそこを間違えないように進めているような感じなので、自分自身で道筋をたて、スケジュール通りに設計を進められるよう今後精進していく所存です。

就職活動中の方へメッセージ

興味があることをしている会社があれば、まわりの同級生や先輩の雰囲気や意見に流されず志望してみてはいかがでしょうか。口コミや評判に頼らず、会社は入社して働いてみて自分自身で善し悪しが分かると思うので、興味があること・ものを大切にしてほしいと思います。

M.H.

2019年 / 新卒採用

設計部所属
鹿児島大学大学院
理工学研究科 建築学専攻 卒業

若手社員が多く、女性社員も多いので、
いろんな相談がしやすい環境です。

入社のきっかけや決め手を教えてください

九州で働きたいと思っていたので、九州内で意匠設計ができる会社を探していました。大学で行われた会社説明会に参加し、意匠設計と構造設計があり、さまざまな物件を扱っているところに魅力を感じ、応募しました。幅広く建築に携われる会社だと感じたので、入社を決めました。

やりがいを感じる瞬間

業務に携わる中で、幅広く建築を学べることだと思います。入社3年目になりますが、まだまだ知識が足りないことが多く、業務を行いながら学ぶことが多いです。大変に思うこともありますが、建築を行っていく上で必要なことばかりなのでこの機会を大切にしていきたいと思います。

会社のどんなところが好きですか

若手社員が多く、女性社員も多いのでいろんな相談がしやすい環境があるところです。また、お昼においしい社食をいただけるのが毎日の楽しみです。

入社後の印象に残った出来事・エピソードを教えてください

実際に入社して最初に任された業務がプロポーザル業務で、新入社員4人で提案書の作成に取り組みました。入社したばかりの新入社員だけで行うのは不安もありましたが、これまで先輩方が作成してきた提案書を参考にしながら、提案書作成を進めていき、傳設計の設計に対する考え方を知る良い機会になったと思います。

業務を通じて成長したことと、今後の目標

学生時代あまり意識していなかった建築の法規について、業務を通じて理解できるようになったと思います。現在、一級建築士の資格取得に向けて法規の勉強も行っているので、わからない法関係のことがあれば、実際に法令集を引いて確認するようにしています。

就職活動中の方へメッセージ

社会が困難な中で就職活動されるのはとても大変だと思います。そんな中でも自分のやりたいことをしっかり考えることが大事だと思います。就職はゴールではありませんので、みなさんが自分の人生の通過点としてふさわしい会社に就けることを願っています。

K.K.

2018年 / 新卒採用

設計部所属
鹿児島大学大学院
理工学研究科 建築学専攻 卒業

社食やさまざまな手当等のサポートが充実していて、
社員に寄り添った会社だと思います。

入社のきっかけや決め手を教えてください

応募したきっかけは、大学の先生との話の中で傳設計を知ったことです。そこから説明会に参加し、社員の方の話を聞いていく中で、興味を持ち応募を決めました。
その後、選考として二度の面接がありました。面接で一度目も二度目も時間をオーバーするほど、多くの話をしました。いま思えば良い悪いか微妙なところなのですが、私は、就職活動で悩んでいることや、自分が建築に対して考えていることについて、素直に全てお話しました。そして、その全てに対して、丁寧な返答をして頂きました。そうした面接での対応を通して、この会社で働きたいと感じ、入社を決めました。

やりがいを感じる瞬間

意匠設計者として業務をするにつれて、次第に建築の奥深さを身に染みて感じるようになりました。建築についてさまざまな事を知り、自分の中の世界が段々と広がっていくこと、それが仕事のやりがい・醍醐味だと、今は感じています。一方で、業務を通じて上手くいかずにつらいと感じる時もあります。しかし、経験も知識のない若手のうちは、仕方がありません。つらいことを乗り越えるからこそ成長があり、充実感を得ることができるのだと思います。

会社のどんなところが好きですか

好きなところは3点あります。
➀若手のうちから多種多様な業務に携わることができ、若手が一生懸命に頑張る、エネルギーに溢れた明るい会社なところ。
➁社食やさまざまな手当等のサポートが充実している、社員に寄り添った会社なところ。
③現状に満足せず、BIM等の先を見据えた取り組みを数多く行っている、日々前進している未来に溢れた会社なところ。
以上が、私が思う会社の好きなところです。

入社後の印象に残った出来事・エピソードを教えてください

業務の締切間近になった際、周りの先輩方々によく助けていただきました。最近では、切羽詰まっていたり、ヘルプを必要としていたりする人に対して、補助の役割を担えるようになってきました。そうした助け合いのチームワークがあるので、安心して仕事ができます。

業務を通じて成長したことと、今後の目標

失敗やミスもまだまだありますが、段取り力は、徐々に向上してきていると感じます。業務において、意匠設計者は全体の指揮をとる立場にあります。意匠、構造、設備の全体を把握し、円滑に物事が進むように段取りしなければなりません。まだ全体の指揮を満足にできる能力はありませんが、一歩ずつ着実に前進しています。
今後の目標としては、まずは一級建築士の資格取得です。現在、資格学校に通っており勉学に励んでいます。一級建築士取得後は、建築の実務について、とことん勉強するつもりです。また、設計を行うにあたって、建築に限らず、あらゆる面において感度を磨いていきたいと思っています。

就職活動中の方へメッセージ

就職活動は人生の大きな岐路です。誰しも多かれ少なかれ悩むと思います。そうした時だからこそ、徹底的に考えてください。他人からどう思われているかを気にする人は多いですが、自分の考えや思いに意識的になる人は少ないと思います。個人の信念や信条、自分が社会に対して、または建築に対してどう考えているのか、自分の意識がどうなっているのかを問い直し続けてください。次第に道が開けてくると思います。
選択肢は無限大です。ぜひ伸びやかに大きく羽ばたいてください。

エントリー

あなたのご応募をお待ちしています。