福岡の設計事務所「傳設計」は、意匠設計・構造設計・耐震診断等を行う総合設計事務所です。

株式会社 傳設計|設計事務所 福岡

092-672-8538

最初の仕事のイメージ と 半年見て感じた仕事

こんにちは。設計1部の宮地でございます。

紅葉の季節を迎えましたが、皆様いかがお過ごしですか。
私は、田舎の駅を利用していますので、駅のホームから見える山の色が秋へと
の変化しているの
を眺めながら出社しています。

 さて、私の所属している設計1部は意匠設計を行う部署です。
入社して半年を超えましたが意匠設計の仕事について、入社時のイメージと
異なる部分を知る日々です。
当初は、デザインや図面を書くことが多いだろうと想像していたのですが、
実際には、様々な会社の方や役所とのやり取りや打合せ、現場に行くなどの
時間も
多いことが分かりました。

一体、意匠設計担当者は何をするのかと改めて考えてみると・・・
 まず辞書では、「意匠設計とは,実用的要求および美的な要求に対応して,
建築の形態を決定することであり,その問題の範囲は,敷
地の条件や周辺の
環境に対応する建物配置という全体の問題から,個々の部
屋の構成,その内
部の造作,装飾といった部分の問題にわたる。」とあります。

これより意匠設計者が対応する問題の範囲は広いなと感じます。
 また、以前、先輩社員より、「意匠設計はマネジメントや全体をコントロー
ルすること。」と聞いたこともあります。
ということは、広い視野と広い知識と周りとの協力などが必要な仕事なのかと。

 仕事に必要な能力を少しずつ学んでいる最中の私は、まだまだ勉強不足で、
調べても分からないことも多いです。分からない時は、社内に居る同じ部署
の先輩社員や同じフロアに構造設計の社員もいますので、その方々に尋ねます。
その際、皆さんササッと教えて下さいます。尊敬です。
まだまだひよっこな私ですが、勉強を繰り返し、私も先輩方のように
広い知識と視野を持った設計者に成長しなければと感じる日々です。
がんばります!

↓作図途中で分からない部分を教えていただいた際のメモです。
 この時は、柱と杭基礎の関係性について教えて頂きました。
構造教えてもらった時








設計1部 宮地

DEN BLOG2018/11/09
設計の流れ 建築倶楽部正会員募集 建築トラブル無料相談室 facebook(企業用) 過去ブログ 耐震診断無料実施中 定期報告相談窓口 意匠・構造 採用募集サイト 設備 採用募集サイト
Page TOP