株式会社傳設計
耐震診断

092-672-8538
安全・安心を守る 耐震診断 無料 見積もり実施中!

昭和56年に建物が大地震に対して、倒壊や崩壊しない様に建築基準法の改正が行われ、耐震基準が新しくなりました。この改正基準が新耐震基準と言われ、それ以前は旧耐震基準と言われています。
旧耐震基準で建てられた建物は、耐震性に劣るものがあり、地震の際に建物が倒壊、窓・天井の落下、津波、地割れ、液状化、土砂崩れ、二次災害として、ライフライン・交通機関の停止、 火災などが被害が生じる可能性があります。実は、兵庫県南部地震での建物倒壊による犠牲者(窒息死・圧死)が8割だったと言われています。
今の建物を強くするためにはまず、耐震診断を行い、建物が今後起こりうる地震に対して十分な耐震性能を持っているかを調べ、その上で補強や建て替えを検討、実施することになります。

用途・予算に合わせたさまざまな補強方法

耐震診断には疑問がいっぱい

「そもそもした方がいいの?」
「費用はいくらぐらいするの?」
「補助金が出るかもって聞いたけど」
「期間はどれくらいなの?」

耐震診断の流れ

お問い合わせフォーム

必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

お名前 必須
法人名
メールアドレス 必須
電話番号 必須
主たる住所

郵便番号検索

建物住所
建物建築年数
詳細

なお、お電話でのお問い合わせも歓迎いたします。
TEL:092-672-8538(ホームページを見たとご連絡ください。)

Page TOP